新幹線車内という限られた場所、3時間半という限られた時間で、なぜここまで売ることができるのか?
パートという立場で、時に会社とぶつかりながらも、商品開発から後輩教育まで行う原動力とは?その秘密が、ここにある。
あの稲盛和夫氏も「販売にたずさわるすべての者にとって必読の書である」と推薦している一冊!

山形新幹線のカリスマ販売員として、脚光を浴びている斎藤泉。通常の販売員の場合、東京ー山形間の片道3時間で8万円くらいの売上げだが、彼女の場合、平均26万円という驚異的な数字をあげている。満席400名の乗客に187個の弁当を売った記録は、今では語りぐさだ。限られた空間、限られた客数の中で、なぜそこまで売れるのか? そのカリスマぶりは、さまざまなメディアでも取り上げられ、テレビ「ブロードキャスター」や毎日新聞の連載にも取り上げられた。
売るだけではなく、賞味期限の短い商品は、いかに品物を残さないかが重要だが、彼女は週にわずか1~2アイテムしか返品はないという、驚異的な予測的中率を誇っている。

客の心を読み、行動を予測し、いかに売るかを考え、客の反応を見ながら修正を加える――その手法は、営業やビジネスの現場でも大いに参考になる。ニートだ、非正規雇用だ、ワーキング・プアだと言われながら、なぜ彼女はここまで情熱を燃やせるのか、バイタリティの源泉はどこにあるのか。本書は彼女のお客の心をつかむ接客術、販売術とともに、発想力と行動力の源にも迫る。

稲盛和夫氏も注目する車内販売員である。