マニュアルには限界がある/受け答えは必ずイエスから/表情一つ声一つで印象は変わる/お客様の情報は事前に入手せよ/すべてはお好み次第が理想…著者はサービス=接客について、こんな提案をします。つまり、サービスとは「おもてなしをアシストする」ことで、執事のようなアシストが良いのです。世界一のソムリエが体験をもとに語る、接客という仕事の魅力とその成功例。
田崎/真也
1958(昭和33)年、東京生れ。19歳の時、ソムリエを志し、3年間フランスに滞在。’83年、第3回全国ソムリエ最高技術賞コンクールで優勝。’95(平成7)年、第8回世界最優秀ソムリエコンクールで、日本人として初の優勝。’96年に都民文化栄誉章、’99年にフランス農事功労章シュヴァリエを受章した。2000年の沖縄サミットの晩餐会では、飲み物のセレクトとサービスの役を担当した。現在、田崎真也ワインサロンを主宰し、講演、セミナー、コンサルティング、テレビ・ラジオ出演、執筆と幅広く活動をつづけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)